最新の医療|胆のうがんの改善を目指す【癌の遺伝子治療】

最新の医療

医者と病院

最近は副作用のない癌治療があります

近年は医療技術が発展してきていることによって、多くの人が癌の克服を実現してきています。新しい治療技術の中でも一際注目されているものが遺伝子治療になっています。遺伝子治療は、異常を起こして癌化している遺伝子を抑制させる効果があるとして、最近になって日本の医療でも取り入れられるようになった治療なのです。

身体への負担がとても少ないので安心

癌の治療となると、身体に大きな負担が掛かってしまうというデメリットがあるものでしたが、遺伝子治療はこれまでとは違った画期的な治療の方法になっているので負担が掛かるという心配がありません。癌は細胞が傷つくことによって増殖していきます。遺伝子治療によって傷ついてる細胞を修復していけば、最終的に癌を消滅させることに繋がっていくのです。治療を行なってから、副作用が起こることもないので、安心して改善を目指すことができます。

初期の癌に対しても効果的に治療できる

癌は場合によっては発見が遅れてしまい、かなり進行した状態で見つかることがあるものです。そうならないためにも、早期発見・治療が重要となります。遺伝子治療は、まだ症状となって現れてこない初期の癌に対しても治療の効果を発揮します。癌は腫瘍がある程度の大きさにならないと手術によって摘出することができないものがありますが、遺伝子治療では大きくなるまで待つ必要がないのです。血液検査を行なって、遺伝子に異常が見つかった場合には遺伝子治療を受けて、癌が進行する前に対策を行ないましょう。

抗がん剤治療と並行すると効果的

抗がん剤治療は癌の改善にとって、とても大切なものになっています。どの抗がん剤が自身にとって効果的なのかを知るには、実際に使用してからの経過を見るしかありませんでした。しかし、最新の医療では遺伝子治療を利用することによって、効果的な抗がん剤を調べることができるようになっています。治療に向けて最低限の投与で済ませることで、副作用を抑えることができます。

遺伝子治療の凄さを知りましょう

マイクロ転移していても治療できて感激

癌の治療を続けていく中でも特に不安が大きかったものが転移でした。治療が進んでいる段階で新たな場所に癌が発生していて、それがマイクロ転移ということで手術での対応が困難な時に知ったのが遺伝子治療だったんです。遺伝子治療であれば、マイクロ転移をしていようがお構いなしに治療を進めていくことができるので、これからも継続して続けていきたいです。

自宅から通いながら治療ができました

長期的に癌の治療を行なうことになったら、専門的な医療機関へと入院する必要があるイメージですが、遺伝子治療であれば入院せずに治療を進めていくことができました。医療機関の中での生活は、気持ち的にも滅入ってしまいそうで、どうしても嫌だったんです。遺伝子治療によって、集中して改善を目指すことができています。

進行状況に関係なく治療できて安心した

癌は人によって進行具合に差があるもので、私の場合はかなり進行が進んでいる状態でした。治療を諦めることも考えていましたが、遺伝子治療のことを知って専門の医療機関に相談してみて、それから治療を行なっています。癌の進行がどのような状態でも改善が見込める遺伝子治療は頼れる存在です。

医師から手術を断られてしまっでも大丈夫

癌の手術って必ずしも希望をすれば行なえるものではなくて、全ては医師の判断に従うしかありません。私の場合は全身に癌が広がってしまい、手術が不可能と言われてしまいました。体力的にも手術に耐えられる状態ではなかったのですが、遺伝子治療なら体力に関係なく治療ができると聞いて、諦めずに治療を続けています。少しずつ体調も回復してきている実感がありますよ。